[コラム-1] [2] [3] [4] [5]
        

犬はあなたの生活を楽しくしてくれる


2-犬を飼う前に知ってほしいこと

ムクムクしたパピー(子犬)など見てしまうと、衝動的に買ってしまいたい気持ちになるのは、無理もないことですが、犬を飼う前に知っておいてほしいことをお話したいと思います。

2-1 犬を飼ってしばらくして、こんなはずではなかったと予想してなかった世話が必要なことを知って驚く方がいるかもしれません。犬を飼うことで関わってくることをある程度知って飼いはじめる方が、幸福な関係を築いてゆきやすいのではないでしょうか。

ひとつひとつ、厳しいことですが、私の思う犬を飼う心構えについて3点だけあげてみたいと思います。

1)犬は一生めんどうみるつもりで

犬を飼い始める時は、パピーの愛くるしさとか犬のいる楽しいイメージで頭 がいっぱいになり、パピーが大きくなり 生長するものであることを想像してみない方もいるようです。犬は普通10年から15年またはそれ以上生きるものであることを忘れないでほしいです。

せっかくこの世で出会って、あなたの人生の旅路にお伴してくれるのですから、一生つきあってあげる、どんなことがあっても面倒みるつもりで飼っていただきたいです。

それと重要なのは、家族の協力です。子供が犬をほしがるからと買い与えても、世話し続けることに興味がなくなるのが普通です。家族全員の協力、仕事の分担など必要になってきます。こういうことはわんちゃんを飼う前に家族でよく話しあうべきことではないでしょうか。

2)わんちゃんのために時間をつくる

犬はえさを与えることや、飼い主が遊びたい気分や撫でたい時以外にもつき合ってあげる必要があります。

手入れ、お散歩と同様にわんちゃんと遊んであげる時間が必要です。飼い主と一緒に時を過ごすことや、飼い主が注意を注いであげる時間の必要な動物だと思います。犬はひとりぽっちで長い時間過ごせない動物です。

犬を飼い始めて一番抵抗のあることは、自分の慣れ親しんだ生活のルーティンを変えなければならないということではないでしょうか。わんちゃんの都合にあわせて時間を作ってあげなければいけません。そのための時間をなにかを削って、新しい家族のためにつくってあげる必要があるのです。

飼い主の生活スタイルが変わらないで、飼い主の都合にわんちゃんの方から合わせてもらおうとして、問題が起きてくることがあるような気がします。

2-2 特に、毎日朝晩二回はわんちゃんを散歩に連れ出すことは必要なこと、犬を飼う前にこれは認識してほしいです。犬を十分散歩させるだけでもかなりの問題が防げます。

3)捨てたくなる犬にしない

言葉をかえると人に迷惑をかけない犬にすることです。そして万が一飼えなくなる事態がおきても、すぐにもらい手が現れる犬に育てる覚悟をすることです。

捨てたくなる犬というのは、家の中を汚す、人に噛み付く攻撃的、汚く不潔な犬などです。

そうならないためにやるべきことが3つあります。

a)おしっこのしつけをする

初めて犬を飼われる方は、まずは犬を買ったペットショップやブリーダーなどでおしっこのしつけ方(house breaking ) について尋ねてください。獣医さんでも教えてくれます。家の中でさせるぺーバー・トレーニングや外に出すやり方などありますので、詳しくは知ってる方に尋ねてください。

b)手入れのできる犬にする

犬が汚いと、触るのもいやになります。人間がお風呂に入る必要があるように、わんちゃんも定期的に洗ってあげたり、コートのお手入れが必要です。犬はだいたい、いやがりますけれど、人間と一緒に生活するには、一生必要な作業です。いやがっても首ねっこを押さえてでもやらなければならないことです。

毎度のことですから、暴れたりしないでお手入れさせてくれる犬にする必要があります。

そのためのトレーニングについては英文ですが、私のホームページに「ホーム・グルーミングのこつ」をのせてますので参考にしてください。

http://www.petgroom.ca/Pet_Grooming_Tips_from_Tor.html
2-3

c)ソーシャライズのいい犬にする

これが意外に誤解されていることですけど、フレンドリーな犬にするにはドッグトレーニングが必要ではないかと思う方が多いのではないでしょうか。確かにドッグトレーニングは必要なことですが、裏庭でいくらドッグトレーニングしても、性格のいいフレンドリーな犬になるとはかぎりません。あまり関係のないことです。


犬が噛み付いたりするのは往々にして恐くて噛んでしまうケースが多いのです。人や他の犬に対してナーバスな犬にしないことや、他の人や犬を怖がらなくてもいいことを教えることがとても重要です。そのためにはできるだけわんちゃんを人に会わせ、また犬に会わせることが必要です。(会わせる時はわんちゃんが怖がらない ように会わせる配慮が飼い主に必要です)

犬は普通7、8カ月で成犬になります。パピーの場合生まれて4、5カ月ぐらいまでが性格形成にとても重要です。この時期にどこでも連れ出して、できるだけ多くの人に会わせて撫でてもらってください。物おじしないフレンドリーな犬になります。そしてどこへ連れていっても楽しい犬になります。

一般的にいって、日本人は自分の犬を人に見せたがらない、家族以外の人に触れさせない方が多いのですけれど、家の中だけでこっそり飼っていて他の人にフレンドリーな犬になることはありません。

最後に訓練について一言。犬を飼って問題がおきてからではなくて、犬を飼う前にドッグトレーニングの本を二三冊読んでみて下さい。どんなことをしつけなければならないかが分かります。

2-4 わんちゃんは成長が早いですから、機会を逃さずトレーニングすることも大切なことです。

また、英語は読む気になれない方は図書館にいくとドッグトレーニングのビデオなどあります。こういうビデオを見ても、しなければならないことかだいたい分かります。

また、例えば大型犬をほしいと思っていたのが、こういう本を読んで、大型犬は運動量がかなり要求されてとても飼いきれないことが分かって、小型犬にするなどということがあるかもしれません。よりよい選択ができると思います。

それから、パピー・クラスやドッグオベデアンス・クラスなどトロントでは各地で行われています。近くにありましたらぜひ参加してみてください。犬のしつけを習うことはもちろんですけど、それ以上にあなたのわんちゃんを他の人や犬に会わせるのにいい機会だと思います。また、こういうところでは、プロのトレーナーの方が犬を飼う上での相談などにものってくれます。犬も飼い主も楽しめます。


        
--------------------------------------------------------------------------