ホーム > 検索 > ペットトリマー:どんな仕事なのか

ペットトリマー:どんな仕事なのか

 

あなたにとって トリマーとは どんな仕事ですか[その1] 

少し前ですけれど、インダストリアル・デザイナーの方とお話する機会がありました。

その時に話していたことは、自分で考え出したものが人々の生活を便利にする、生活を豊かにして喜んでもらえるというのは、とてもいいことだと信じて今まで仕事してきたけど、最近そんな風に思えなくなったというのです。そしてトリマーである私に質問したのです。  続きを読む

どんな仕事なのか ペットトリマー について[その 2]  

先の雑文を書いていて、ふっと心をよぎったイメージがあるのです。

このトリマーの仕事を長く続けてゆくということは、心の深いところで、自分のしていることが少しは意味のある、世の中のためになっていると感じる、信じてあげる努力が必要な気がするのです。それが作り上げたものでも。それでトリマーについてふと思いついたことを書き留めておきます。 続きを読む 

どんな人がトリマーに向いているのか 

よくトリマーとはどんな仕事か、子供向けにお仕事紹介したものがあって、どんな人がこの仕事に向いているかなど書かれたものはよく見かけます。なるほどと思ういい答えをしているものもあります。

でも、もっともこの答えを知りたいと思う人はこれから ペットトリマーについて のキャリアを目指す人やトリマーになりたての人ではないでしょうか。 続きを読む

トリマー 仕事 :この仕事は本当にいい仕事なのか  

トリマー をめざす人というのは、まぁ犬が好きで、自分の犬といっしょにいると幸福感が心にひろがって、楽しいし、きっと犬に携わる仕事ができたら、仕事が楽しめて、そしてやりがいもあるのでは、などと考えたと思うのです。

この仕事は、素直でない犬も来ますけれど、そういう難しい犬は全体からしたらほんの一握りです。ほとんどの犬は(90%ぐらいは)仕事していてほんとうに愉快な犬達です。パピー(子犬)もたくさんやってきますし、いっしょに遊びたい気持ちになる犬がほとんどです。 続きを読む

お客様がトリマーにお手入れを頼むということ[その1] 

私、ジャイアント・プードルとミニチュアプードルの二頭

プードルを飼っています。プードルは大好きなのですけど、自分の犬の手入れはなかなかやる気にならないものですね。手入れを何十年とやっていても、いやなものはいやです。なぜいやなのか屁理屈はいくらでも思いつきます。

犬と生活することは楽しいですけれど、手入れをやらなくてもよかったら今の三倍ぐらい犬との生活が楽しくなりますよね、きっと。お客様がトリマーにお手入れを頼むということ- [その1]続きを読む

 

お客様がトリマーにお手入れを頼むということ[その2] 

お客様は手入れを自分でやるのは、トリミングのやり方を知ることができても、道具や設備がないからやっぱりきつい仕事になる。それぐらいならば、プロに頼みたいと思っているという話をしました。

一般の飼い主は手入れなど自分でできないから、ペットショップに頼むのだと単純に言ってしまったら、実もフタもないですけれど、もっと掘り下げて考えてみたいのです 続きを読む