ホーム > 検索 > トリマーの仕事にまつわるその他の雑文 > 勉強苦手でも、こうして英語を話せるようになった

勉強苦手なトリマーでも、こうして英語を話せるようになった

 

「おばあちゃんになるまでこの仕事をやるには」などと、若くない時期のキャリアに関わってくる話では、若者向けとは言えないかもしれませんね。

 これでは、これからが人生の花と思っている若い方の興味を引かないのではと少し心配になってきました。

 若い方で語学学習に興味をもっている方が多いようですから、今日は英語について個人的な体験を話してみます。

 英語は毎日使わないと仕事になりませんから、使ってますけれど、実は今でも言葉では苦労しているのです。

 このタイトルは英語も話して"単に生活できている"というレベルの話ですから、くれぐれも「私はこうして英語をマスターした」の意味に勝手に解釈しないでください。

 前に、初めて就職した職場がデパートで、呉服のセールスしていたことを書きました。

 英語を話すということがどういうことか少し分ったのは、デパートの呉服売り場で売り子として働いていた頃なのです。

 デパートでおば様方を相手に呉服 や反物を売りながら、英語が話せるようになったなどと言っても、笑われるだけでだれも信じてくれないのですけれど、これは本当なのです。

 当時は、自分で言うのもなんですけれど、フロアでは私が一番英語の話せる子と同僚に見られていました。

 特に英語の勉強が好きでやっていた訳ではありません。お金を払って英会話スクールに行ったこともありません。

ただあのころ、友人の付き合いで同伴したただけですけれど、教会で宣教師さんが教えている英語のレッスンは時々受けてました。無料ですし、若いから時間もてあましてましたから。けっしてまじめな生徒ではなかったです。

 それでは、本題に入ります。

働いていたところの近くに日本三大名所の一つといわれる風光明媚な観光地がありまして、外国の観光客がよく来てました。

 その観光の帰りにデパートに寄ってゆかれる外人観光客が多かったのです。そしてこの人達が必ず寄るところが呉服売り場だったのです。

 私も英語は使った経験がありませんから苦手でしたけれど、私の同僚は私以上に話せない方がほとんどでした。あなた一番若いからなどと前に出されて、私が外人さんのお相手しなけばならない羽目になったのです。

 最初は相手が何を言っているのかも、何を話していいのかもさっぱり分りませんでした。ただただ、にこにこ笑顔をつくって、愛想よく振る舞うだけで精一杯でした。

 これではいけないと思って、相手に質問されそうなこと、説明しなれければならないことを日本語で紙に書いて、それを教会の英語クラスで、できる人に英訳してもらったのです。

この一時期だけは必要にせかされて、まじめに教会に通いました。

 自分のための会話ノートを作ったり、あと、頭の中でイメージしぶつぶつ独り言をいいながら、訳してもらったのを全部暗記しました。こんな方法でなんとか呉服売り場の売り子として英語で商品説明や応対が少しできるようになりました。

 上司に言われて英語の学習していたわけではありませんし、英語上達を本格的に願っていた訳ではありませんでしたから、それ以上に向学心が沸いてくることはありませんでした。ただあの時に必要だったから自分にできることをしただけです。

 これは聞いた話ですから本当かどうか分りませんが、新潟港にロシアの船員相手に担ぎ屋のおばさんが集まるところがあるのだそうです。その人達の中にはロシア語をかなり話せる方が少なからずいるという話です。

この人達が会話スクールで言葉を覚えたとは考えにくいですから、私と同じことをしたのではないかと思うのです。

売っているものはたぶん家でとれた野菜や雑貨などと思いますけど、そういう商品を並べてますから、それを売るにはそれほど複雑なことを表現できなくてもビジネスはできるのです。

相手に尋ねられることや自分で言わなければならないこと、そういうことをロシア語でどう言うか、日本人でロシア語を話せる人に聞いて覚えたと思うのです。

このようなやり方でも慣れるといろいろなことを表現できるようになりますし、話しているうちに覚えることがけっこうあります。そして必要なことしか覚えませんから、まずとっさに出てくる言葉になるような気がします。

最初は片言でも、お客さんが相手ですから必要のあることは覚えるようになります。そして、売るのに忙しくて言葉を意識しなくなるのではないでしょうか。

カナダに来てからも英語については、基本的にはデパートのころと同じ方法で私はやってきました。

一時無料の英会話スクールは行きましたが、英会話を習うために経済的な投資もせず、勉強好きなタイプではありませんから、一般的な英語学習をすることもなく、しかし、英語についてはいつでも尋ねられる私のブレーンになってくれる友人は日本人にもカナダ人にも身近に何人かいましたから、英語について仕事の上でとても困るということはありませんでした。

こちらに来てからは、勉強と言えるかどうか分かりませんが、ラジオも日中よく聞いてましたしTVも全部理解できなくても大好きでよく見てました。

 

ホーム   |   目次 | サイトマップ  |  アバウト |  ゲストブック