ホーム > 検索 > このトリマーの方達に会ってみていただけますか > トリマーの仕事はあなたを美しくする / 海外でトリマーとして働く

トリマーの仕事はあなたを美しくする/

 

トリマーの仕事はあなたを美しくする-----これは本当です。

 目の前でみるみる美しく変ってゆくのも、歳相応の人がより若々しくはつらつとした人に変っていったのも幾人も見てきました。私だけでなく他のインストラクターの方も私と同じ意見です。これは実際にあった話なのです。

 ある日、無表情でにこりともしない、とっても陰気な方が日本から来たのです。

 この方は考えることがいろいろあって、かなり優秀な大学を途中でよして私の所に来られました。キャリアとか将来のこと、何をして生きていくかとかを考え出すといろいろなことがからんできてとても複雑です。悩みも解決しなければならない課題もあり過ぎて行き詰まりを感じてか、ちょっと環境を変えてみよう、やることを変えてみようという気持ちになったようです。

この年頃の方はややっこしい問題をいろいろ抱えてますし、解決の糸口が見つからない心の葛藤や、他人がよく見えて落ち込んだり、将来の方向が定まらない不安や焦りで、明るい気持ちになどなかなかなれないこと、少し分る気がします。

しかしながら、この方はペットグルーミングのレッスンをしていくうちに、驚くほど明るい性格に、そして見違えるほど美しい女性に変っていったのです。どうしてこんなことが起きたのか私には分りません。

英語を多少話せる方でしたから、カナダ人の生徒と話していて、感化されたのかもしれません。だいたいカナダ人はとても前向きで、そして快活です。じめじめしたカナダ人は見たことありません。

それから考えられることは、わんちゃん達に不思議なパワーをもらったからかも・・・。

これ、この仕事している方ならうなずいてもらえると思いますけど、みけんにシワを寄せたり、口をへの字にして、けわしい顔をしてこの仕事するのは容易ではありません。

わんちゃんのすごいところは、どんなに手入れを怠って毛玉だらけでも、汚くほおっておかれた犬でも、文句も愚痴も言わない、悲しい顔もしない、だいたい犬はにこにこして、単純にあなたに会えてとてもうれしいよという顔をするんです。今どんな境遇にいても、過去を振り返って自己嫌悪することもない、未来を思い悩むこともない。今、この地で、こうやって生きている運命をすべて受け入れて、うらやましいぐらい満ち足りているのです。幸せそのものなのです。

そして無邪気で、エネルギーにあふれて、どんな小さなことにも喜びを見つけてやろうといつも待ち構えているのです。毎日同じドライドッグフードでさえも、ワクワクしながら毎回体全身で感謝と喜びを表わすのです。こういうわんちゃん達の生き様、生きる情熱を見ていると、心が洗われて気持ちが軽くなるのです。癒されるんです。そしてわんちゃんから不思議なパワーをもらった気がして、今までくよくよしてたことなどどうでもいいことにに思えてきてしまうのです。トリマーをしている方なら、わんちゃん達にこんな気持ちにさせられたこと誰にもあるのではないでしょうか。

でも、なんといってもグルーミングの練習を通してめきめき腕が上達して、わんちゃんを仕上げるのも楽しいし、自分のした仕事でお客様を喜ばせることができるようになる、人の役に立つことができる。それを確信できるようになるとうれしいです。

 こんなことができる私が、もしかしたら、嘆くほどつまらない人間でも見込みがないわけでもないのでは、と思い始めるのではないでしょうか。私もやればなかなかできるんだ、と思えるようになるのです。

 腕に少し自信が持てるようになって、このキャリアでうまくやってゆけるかもしれないと思うと、将来に対して気楽に向き合えるようになるのかもしれません。

そして、自分の人生なんとかやってゆけると思えて、自信を取り戻すことができるのではないでしょうか。

この方はレッスンが終わるころはほんとに美しい魅力的な女性に変っていったのです。

ここに来た頃はメイクもあまり気にするほうでもなかったですけど、他の生徒にやってもらって、髪もかわいらしくカットしてもらい、髪も染めて、ほんとによく笑うようになったのです。この仕事にも希望を持てるようになり、これでやってみようという気になったようです。

そして、箸が転げてもおかしくて笑う年頃の、いっそう美しい女性になりました。

でも、ここへきた頃はとても陰気な方であったことなど、当人はもうすっかり忘れてしまって、まったく覚えがないのです!

この方はその後どうしたかというと、

日本でトリマーとして働いてますけど、ワーキングホリデーでまたカナダに来たい希望のようです。

--------------------------------------------------------------

 

海外でトリマーとして働く・海外就職

話題をがらりと変えて、「海外で働くには」にしたいです。

海外就職に興味あるトリマーの方も、これからトリマーになられる方の中にも、できたら海外でも働いてみたい夢を持つ方は多いのではないでしょうか。

「海外就職」や海外求人についてインターネットで調べた方は気づくことですけど、調べれば調べるほど、針の穴にラクダを通すほど、これが容易ならぬことであることが次第に分ってくるはずです。トリマーでワーキング・ビザ(労働ビザ)を取得するのは世界中どこの国でも簡単ではありません。

現在英語圏でトリマーとして働く体験をしたいなら、ワーキングホリデー 制度を利用するのが一番確実で合法的な道です。そして、この制度で問題なく一年間滞在できて、働けるところは世界中でカナダだけなのです。

残念ながら、トリマーでこれをうまく利用できる方はたくさんいるわけではないようです。 (ワークとホリディを楽しむという意味で)

ワーキングホリデーで来る若い方が普通考えることは、こちらに渡ってから三カ月か四カ月ぐらい語学学校に通い、少し英語が話せるようになって、言葉にも自信がついたら仕事を探してみて、いい職場が見つかったら、適当な時期に働いてみて、そして悪くない収入もなどと期待したい気持ちは分るのですけど、これで雇われることはそれほど簡単ではない気がします。

私のスクールはベットショップや獣医院からの求人の問い合わせがたくさんきます。しかしながら見習いやベーザーの求人はこちらではほとんどありません。仕上げも人並みにできて、その他に接客・受付、ショップの管理などもしてくれる主任級の、つまりこの仕事を本当に知っていないと務まらない責任の重いトリマーの求人が多いです。でも給料は悪くないです。

トリマーとしてこちらで就職できるには、

1) できれば四、五頭仕上げできる能力があること

2) ショップで困らない程度の会話能力があること

3) ある程度の期間働けること。(短期でないという意味。そして適切な労働ビザがあること)

これで頼りにできる人なら仕事はあります。

ワーキングホリデーは就労を目的に来てはいけないことになっています。ワーホリ期間中に働くのは構わないけど、バケーションを主な目的としてカナダに来ることと規則に書いてあります。ですから立場上、ワーキングホリデーで来て働くことを勧めることも、ワーキングホリデーの働き方について詳しく説明することもここではできません。

 参考まで、上記のワーキングホリデーを計画している方がどうしたかを少しお話ししたいです。

彼女はこちらのペットサロンも体験してますから、洗うのから仕上げまで全部一人でやって四、五頭できる能力はすでにあります。こちらのペット犬種もほとんど問題なくできるようになりました。老犬やパピー、扱いの難しい犬も数をこなしてますから、難なく任せられるぐらいの腕はあります。

英語も日本にいるころから一人でこつこつやっていた方です。ペットサロンで研修をする前に、職場で使う専門英語の特訓も私のスクールで受けました。

そして、責任感はあるし、監督なしでも指示されたことを自分で考えて仕事を進められる。それで一年ぐらい働けるビザがあるなら、このような方なら仕事はあります。

せっかく海外に出るのだから、生活をエンジョイし、語学学校で語学もマスターし、見聞も広め、しっかり仕事もして資金を補いたい気持ちは分るのですけど、やりたいことをあれもこれも追っていては、時間に限りがありますからどれも満足な結果にするのは簡単でなくなります。

もしかしたら、何を優先するか順位のつけ方で、仕事も生活を楽しむことも、語学を上達させることも、資金を得ることも全部うまくいくバケーションにできないことはないのかもしれません。

それはともかく、ワーキングホリデーを利用するなら、目的以外のことにあまり時間をとられないようにした方がいいかもしれません。働ける期間が半端なものにならない方が働き口が見つかりやすい気がします。自分に都合のいい期間だけ働きたいなどという方は日本でも敬遠されますし、頼りにできませんからスタッフとして雇われることは容易ではないように思います。

短期間のみ働けるではペット以外の他の仕事でバイトを見つけることも至難の業です。日本でも同じはずです。

英会話スクールや他にやりたいことがあって、こうなってしまう方が多いと思いますけど、この制度は外国の方にカナダ人の職場を荒らされたり、仕事を奪われる心配はあまりしなくていいこと。外国からの観光客と同様に、カナダ経済を少し潤してくれる方がたくさんいることを前提にこの制度はできています。ですから大多数のワーホリの方が考えるありふれたやり方では、当地の人と同じように働いて高給優遇される、そうなることは簡単ではありません。

ワーホリで来る日本の若者に、そうなって欲しくてこの制度が作られている訳ではありませんから。素敵な体験にするには、少し作戦が必要です。

それはさておいて、いい職場を見つけることは日本でも簡単ではありませんけど、まずは、希望や自分の都合からだけではなく、雇う側からこの人ならぜひ働いて欲しいと思われるようなアプローチを考えた方がよりうまくいきます。

上記の方は三つの条件はもちろん、ショップの事情もよく分かってますし、こちらの仕事のやり方にも慣れてます。そしてできればこの制度を最大限に利用し、ペットサロンのお手伝いをしたい、力になりたいと考えている方ですから順調にいく確率は高いです。

うまくいけばブロに近いぐらいの仕事はできますから、まぁまぁの収入-----今までの投資を回収できるぐらいにはなります。夜遅くまでやらなくても、五時ぐらいに普通に仕事を終わらせて収入を悪くないものにし、それ以外の生活も楽しいものにできる気がします。

そしてこれぐらい仕事できる能力のある方なら、少し経験を積めば海外で働くチャンスは他にもまだないことはありません。上記の方は日本でやってもうまくやれる方です。熱意と仕事能力がある方はそれにふさわしいステージが現れるものですし、どんなところで仕事をしても運が巡ってくるものです。

海外で働くことや海外就職は、すべての人に勧められることではありませんが、比較的楽にワーキング・ビザ(労働ビザ)をとれる制度があるのですから、海外でこの仕事してみることに興味のある方にはこのワーホリ制度はいい機会と思います。

そしてこれを生かして、仕事も生活も楽しめる充実したバケーションにするには、それなりの計画と少し準備をして来た方がうまくいくように思います。

 

 


[追記]

 

Embarassed ワーキングホリデー、海外就職に関してのメールでの質問にはお答えできませんので、これらについての詳しい情報はワーキングホリデー協会や各国大使館からお願いいたします

Embarassed カナダにトリマーでワーホリに来ている方はけっこういるのではないかと思います。その中には腕のいい方もたくさんいるのではないでしょうか。

でも、ワーホリでとてもいい体験をしたとか、こちらのプロ並みにできるようになったという話はこの人たちからあまり聞いたことがありません。

思い通りにゆかないとしたら、その理由の一つは言葉の問題です。語学力というよりは北アメリカのペットグルーミングの仕事を理解してないことから来る、コニュニケーションがうまくとれない問題です。

それと仕事のやり方の違いです。指示したことを理解し、制限時間の中で指示された通りの仕上げができる、仕事量をこちらのプロと同じようにこなせる。雇うからには、雇い主はそれを期待します。

そうできないのでは、いくら腕があると自負しても、待遇に失望するだけです。当地で日本と同じ仕事のやり方をして誉められことはまずありません。

もし、ワーホリを利用してカナダで働きたい、また収入も少しは期待している方は、できればこちらの仕事のやり方を理解し、職場で必要とされる英語もある程度できるようになってから働くことを勧めます。その方が楽しんでできるワーホリ、帰国しても生かせるワーホリになると思います。

 

[ 関連情報 ]

 ワーキングホリデーを倍以上に楽しむ >>

トリマーとして海外でプロとして働く>>

北アメリカのトリマーの給料・年収はどれぐらい>>

トリマー求人 トリマー募集に少し役立つサイト >>

海外でトリマーになる楽しみ >>

北アメリカのペットグルーミング事情 >>

北アメリカのトリマーの一日 >>

トリマーとしていい収入を得る、信じられますか >>

日本のトリマーにこの30年間に起きたこと >>

ホーム   |   目次 | サイトマップ  |  アバウト |  ゲストブック