ホーム > 検索 > トリマー独立自営・ペットサロン開業 > ペットサロン開業・独立自営の+ と -

トリミングサロン開業・トリマー独立自営の + と - を天秤にかけてみる

 

ペットサロンを開業しようかどうしようか悩んでいる方へ

 

トリミングサロン開業の夢を持っている方はけっこう多い気がします。しかし実際に始めるとなるとためらってしまう、考えてしまう、少し怖じ気づいてしまう方もいると思います。

トリミングサロン開業・独立自営にみなさんは何を期待されているのでしょうか。

勤めていたら、楽なことばかりではありませんから、もっと自由がある、経済的にも豊かになれそうな独立自営に憧れを持つ気持ちは分かります。

でも、独立自営のいい面ばかりに目を向けてトリミングサロン開業してみても、実際に開業してから予想と外れることもたくさん出てきます。トリミングサロン開業の夢とやる気だけでジャンプする前に、ちょっと知っておいてほしいことがあります。

独立自営でやってゆくには、時としてはどこかに勤めて働く以上のストレスや問題があることも忘れてほしくないです。

例えば、自営を始めたら気楽どころか、勤める以上にいつも気を張り詰めていますし、日々緊張感や恐れと一緒の生活です。自ら決めて、やってみて、その結果に自分で責任を負わなければならない。うまくゆかなくても、失敗してもだれのせいにもできない。次々に出てくる問題をどうにかこうにか克服してやってゆく、その繰り返しです。(独立自営は別の視点から言えば、精神的に自立した人間になれる、人間的により成長できるチャンスとみることもできますね)

最大限の努力をして長時間働いても最低賃金にもならなかったり、次から次へと支払いに追われたり、収入が安定しなかったり、不安や心配を抱えて仕事しなければならないこともよくあることです。(今までサラリーで生活してきた人には、自営の持つこういう面を想像したことがないかもしれません)

いつもではありませんけど少なくとも最初の頃はこういうことよくあります。そうなっても、うろたえずたんたんと日々の仕事をこなしてゆく。これは独立自営には当たり前のことです。

マイナス要素があるのにも関わらず、それでも長い将来を考えたら、独立自営でやっていく方が得るもの、プラスになるものがより大きいと思える、それを信じてやってゆける人でないと、小さな障害にぶち当たるだけで、すぐいやになって辞めたくなります。

つまり自営でやってゆくには少し覚悟が必要です。覚悟と言うよりも、なんとしてもこうなりたいという未来の自分に憧れ続けることですね、たぶん。ですから今の職場がイヤになったからとか、仕事がなくなったからとか、そういう理由だけから独立自営は考えるべきものではないように思います。

自営にそんなにも苦労がつきものなら、今の職場に勤めてやってゆくことの方がいいと思う人も中にはいるはずです。職場に勤めてこのキャリアを考えた方がより自分には合っている、少し不満はあるとしてもこの中でうまくやってゆけるキャリアにしていこうと思うことも立派な選択と私は思います。

独立自営の好ましいと思う点とそうでない点というのは、人により違いますし、たくさんありますから、全部ここに列挙するわけにゆきませんが、今ちょっと思いつくものをいくつか上げてみます。

独立自営のメリット・デメリットというのは、コインの表裏と同じで一体になっていることが多いですね。

例えば、

 

1) 長年夢に見た一国一城の主、オーナー、社長、ボスになれる

これからはより自由な人生が送れる気がする。自分で物事を決められる。どう働こうと自分次第、人に指図されなくて済む。背後から見られて他人に監督されることもない。けむったい先輩もいない。突然解雇される心配もなくなる

勤めていたらボスはたったの一人です。しかしながら自分でビジネスを始めたら、お客や周りの人達が全て自分のボスになる。自分に命令を下し、お客の要求に忠実に従い、いやなお客でもまずは愛想よく、親切にプロフェショナルとして振る舞わなければなりません。いやな顔をするとか、相手の売り言葉に買い言葉、言い返して気分をスッキリさせるなどもってのほかです。だれか手伝いを雇っても親切に敬意を持って接しなれば、ある日突然ぷいと辞めていってしまいます。

ある意味で召使いや女中のように周りの皆さんに仕えなければなりません。自分がボスだの社長だなどと言っている暇はありません。

また、自営で一人で働くというのは心細いものです。分からないことがあっても尋ねる人もいない。先輩からアドバイスもらうこともありません。手伝いがほしい時でも声をかける人もいない。同僚と楽しい会話をすることもありません。

この職業に限らず、今時いい職場にめぐりあえて良かったと思い続けながら勤務できる方は大多数ではないように思います。

トリマーの独立自営のプラスの最たるものは、平凡ですけど、自分のビジネスがうまくいくのもそうでないのも自分の責任ですから、他人から与えられた待遇に不満を述べる必要がないことです。

自分のビジネスは我が子のようなものですから、生き続けて成長すること願っているし、困った状態に陥っても何がなんでも切り抜けようとするし、がんばって仕事できる間は生活が苦しくても安泰です。

そう思えること、そうできること以上に働いて安泰なことはないように思います。

 

2) 仕事スケジュールを自分の都合に合わせられる

子供や年老いた親の世話などある場合でも時間を調整して仕事できます。休もうと思えば自分が社長ですから、だれに気兼ねもなく自由にそうする権利があります。

その反面、怠けようと思えば言い訳を作って、いくらでもそうできるので、自営で成功を望むなら誘惑に負けないタイプの方が向いているとは言えます。残念ながらムチ打ってくれる人はいない。モチベーションを自らキープできる人、自分を律することができる人なら、そうでないよりも独立自営は続きやすいと思います。(意志があまり強くない人でも希望を捨てる必要はありません。自らの習慣を変えることで独立はできるようになれます)

 

3) 自分の家でも仕事できる

通勤が要らない。場所を選ばず自分でテキパキ仕事できる人はいいけれど、上に述べたように孤独な環境で仕事するのが耐えられない人もいる。家族、周囲の知人友人の邪魔が入りやすいし、家の中は誘惑がいっぱい。冷蔵庫にはいつでも冷えた飲み物が入っているし、ワイドスクリーンのTVはあるし、突然の訪問者があったり、あげたらきりがないほど仕事の邪魔になるものに囲まれて仕事に集中しなければなりません。

時間が不規則で長時間になることもあるし、しばらくは仕事優先になるので家族から不満がもれることも。家族の理解と協力が必要になってきます。

その他に、仕事の合間のちょっとした時間で家事をやったり、買い物を済ませたり、仕事が終わる頃には、晩御飯の用意ができている。こんな芸当も自然に身につきます。それから家族の要求・必要に合わせて、パートでも、フルでも働けるというメリットもありますね。

 

4) 仕事を増やしただけ経済的な満足感がある気がする

しかしステッディーな収入を得るようになるには、勤めて働く以上の努力がいる。いい仕事するだけでなく、絶えずマネージ・ビジネス全体に気配りする必要あります。これにもかなりのエネルギーが必要です。

自分の望むだけ仕事量を増やせるのは事実だけど、仕事が増えた分ストレスや問題も増えるのが普通です。(これもカナダの時短技術でかなり楽に仕事できるようになれます)

特に自分で生活費その他を作り出さなければならない場合、そしてこれが唯一の収入源なら、この責任はかなりのプレッシャーです。理想ばかり語っていられなくなります。時間もお金も考えないで趣味でこの仕事ができたらどんなに楽しいだろうと思うこともあります。とにかく、じっくり時間をかけてマイペースで成功しようなんて呑気にしていられません。

それから、自営なら当然、ビジネスの諸経費とプロフィット、生活費の他に自分の健康保険、労災の保険、老後のための年金、ビジネスの保険、それから税金です。これ全部自分で面倒みなければならなくなります。少しばかり手元にお金が入ったからといって喜んでいられません。

うまくやっていけるようになればそれなりに経済的には楽になると思いますけど、独立自営してもしばらくは、質素倹約の生活が続くのが普通です。

ペットサロンを開業して短い期間に軌道に乗ることは、よほど環境が恵まれてなければ非現実的です。もし、そうなるのに何年もかかるとしても、(それが普通と思いますけど)それでもあなたはトリミングサロンを開業したい気持ちになれますか。

 

独立自営で迷った時に、天秤にかけてみるべきもう一つのこと

独立自営のメリットもデメリットについて、あなたにも思いつくこと、この他にもたくさんあると思います。それを天秤にかけてみることも大切です。

しかし、その前に考えるべきもっと大切なことは、自分の五年後、十年後の自分がどうなっていたいのかです。これからも今までと同じで悔いはないのか、自分の気持ちと向き合ってみることではないでしょうか。

大多数の方は現状に不満をもっていても、努力して今の事態を「変える」ことにとても抵抗を感じているはずです。同じことを今後も続けて、キャリアだけでなく、人生そのものがどうなりそうなのか、想像力を駆使して予想してみてはどうでしょうか。

今の状態を維持すること、つまり「変わらないこと」の危険とそのコスト。そうすることで失うもの(例えば長期にわたって不平不満やストレスを耐え忍ぶことや、ぐずぐずして失う取り返しのつかない時間とか、もしかしたら・・できたのにと思える幾つもの好機・チャンス-つまり自分の希望や夢に近づくことです)それと、独立自営することのちょっとしたしんどい面、苦労など支払わなければならない代価を天秤にかけてみることもいいことですね。

あなたが何をしようと、考えあぐねて何もしなくても、歳月だけは情け容赦なく過ぎてゆきます。

 もちろん独立しても思い通りになる保証は何もありません。努力にかかわらず、しばらくはうまくいかないことだってあります。それでも自分の願いや望む仕事・生活に、独立自営することでほんの少し、1センチでも近づける気がしたら、たとえそうなるのに他の人よりも時間がかかるとしても、自分を信じて思い切ってやってみる、それに賭けてみる。いやそうならなおさら、その方向に今すぐ一歩を踏み出すことも、けっして悔いることにはならないように思います。

 

ホーム   |   目次 | サイトマップ  |  アバウト |  ゲストブック