ホーム > 検索 > トリマーへの道はスクールに入る前に始まっている > 周りの者が 常にあなたのためを思ってやってくれる なんて期待してませんか

周りの者が常にあなたのためを思ってやってくれるなんて期待してませんか

 

二十歳くらいで自分で自分の進路を決めなければならないということは、心の成長過程で大きな変化であり、転換期なんですね。

高卒ぐらいまでは、親や先生など周りの者があなたの代わりに考えてくれて、物事をほとんど決めてくれたはずです。他の人があなたの面倒をみてくれて、いい方向に導いてもらえて、なんとか今まで無事にやってこれたはずです。

それが、ある日突然、自分で進路を決めて、行動に移さなければならない。まったく未経験のまま、どうしたら自分にベストと思える方向を決められるのか、そのハウツーもだれからか教えてもらえるわけでもない。高校のテストのように、あなたの出した答えが正しいと言ってくれる人もいない。

何が一番困るといって、自分で決めて行動して、うまくいってもうまくいかなくても、その結果は自分で引き受けなければならないことです。思い通りゆかなくてももうだれのせいにもできないことです。
でも、こうなれて子供の時代にさようならを言い、大人の考え方ができるようになれるんですね。

トリマースクール選ぶ際も、結婚相手を選ぶ時と同じぐらい迷うことではないかと思います。

スクールをどうやって選んだらいいのか迷いに迷うと、若い方はこういう選び方をする人が多いはずです。

○多くの人に人気のマンモススクールを選ぶ

○雑誌などでよく目につくスクールに行く。

○就職率100%と卒業後のことまで保証してくれるスクールを選ぶ

○建物が大きく立派なスクールを選ぶ。

○雰囲気のいいスクールに行く

○ライセンスabcがとれるところを選ぶ

○ユニフォームがすてきな所を選ぶ
などなど。

こういう選び方で何も悪くはないです。
でもこられの理由は私があげた「二つの条件」がかなうこととはなんの関係もないことであること一応知っておいてほしいです。

いったんスクールに入ってしまってからでは、スクールが与えてくれるものを受け取るしかできないです。

レッスン内容はスクールによってかなり異なりますから、いろいろなスクールがたくさんある中から、自分で選んだ結果として自分の望むようになれても、なれなくてもだれのせいにもできないし、だれも責めたりできないこということです。

自分の望むようになろうとしたら、あらゆる面からスクールについて検討する必要あります。

トリミングスクールに入ってから、期待していたことや想像していたのと違っても「ちょっと待った」はありません。

いったんスクールに入学したら、いかなる理由があっても授業料はいっさいお返しできませんと契約書の隅に書いてあるスクールがないともかぎりません。少し注意が必要です。

(北米の専門スクールは入学してから思っていたのと違って辞めたい場合は、教育省で決められた法律がありますから、比較的生徒に良心的です。その場合は規則に従って授業料を返すのが北米では普通です)


スクールについてペットショップはより確かな情報源


スクールについての他の人の評判を尋ねるというのもいいことです。できたらやってみるべきです。

尋ねる相手としては:
○トリマーをやっている人に尋ねる。

○スクールで現在学んでいる在校生に尋ねる。

○おなじトリマーをめざす友達に意見を聞いてみる。

○トリマー掲示板で尋ねてみる。

○いろいろなスクールを実際に見て、スクールの方にいろいろ質問して決めなさいとアドバイスする人もいます。

でもこれからスクールにゆこうと思っている、ほとんどの方は何をどう質問していいものか分らないのではありませんか。
トリマーの仕事が実際どんなものかも具体的な知識も持っていない。

スクールを見学に行っても、いいところを見てもらうのが普通ですし、いいことばかりしか言いません。

スクールに何を期待していいのか、卒業まで具体的にどうなれたら将来が明るくなるのかも分っていない。何がいいスクールなのかも確かでないのでは、いい質問するのは簡単ではありません。少なくとも的を得た質問をしないと、役立つ答えが返ってくることはありません。

私がアドバイスできることは、将来自分でどうなりたいのかじっくり考えることですね。そしたらそれに適したスクールかどうか少しは判断できるようになれるのではないですか。

それから幾度も言ってますけど、目標としている”具体的な技術レベル”とカリキュラムの内容にそのスクールの訓練についての考えが一番よく現れます。それをよくみてみることです。それで納得できるかどうかです。

もし、あなたがトリミングを学んで地元のペットショップで就職を考えているとします。

だれかに、どこがいいスクールなのか尋ねたいなら、比較的信頼できる情報源はペットショップのおじさんやおばさんです。獣医院でもいいです。

スクールを出たトリマーを実際に雇う立場ですし、どんなトリマーを雇いたいかはっきりした考え方を持っている方が多いです。どこがいいスクールなのかにも、この人達はとても関心を持っています。いろいろなスクールをよく見てますし、風評もよく耳に入れてますから、雇う立場でお話してくれると思います。

用事をつくって行ってみて、尋ねてごらんなさい。
どんなトリマーなら雇ってもらえるのか、またトリマーライセンスを取った方がほんとうに就職に有利かどうかもついでに尋ねてみてください。