ホーム > 検索 > トリマーへの道はスクールに入る前に始まっている > 卒業とトリマー資格・ライセンスが 目的となること

トリマー資格・トリマーライセンスが目的となること

 トリマーライセンスをとることやスクール卒業することを目標にしてみたい気持ち分ります。特に親の手前結果を報告する義務がある場合など、すぐ手が届く目標で、手で触れるはっきりした証が欲しいし、そうしたい気持ちあるのももっともです。

 でも、今まで幾度も話したように、これらのことは仕事ができることはもちろん、就職にもこのキャリアをうまくやってゆくことにも関係したことではありません。

 スクールを卒業したからトリマーになれるものではありません。いくら成績優秀で資格をもらってスクールを卒業できても、仕事をしたことのない、生産性のない”トリマーの卵”にもなっていない状態です。

 ですから、スクールを卒業したとか、トリマーライセンスを取ることがトリマーになったとか、目標を達成したなどと考えるのは間違った考え方です。

 トリマースクール卒業できたらとか、だれかに認めてもらえたら、トリマーの仕事についたらそれ以降は・・・・、  つまりある状態になることが安心感を与えてくれ、わたしを幸せにしてくれるのでは・・・・・。

などと期待しても、こういう考え方をしている方はほとんどが失望することが多いはずです。

 もし、あなたがトリマースクール卒業して、ショップに勤められたとしても、自分の力で何とかしなければならない、次の課題が現れますし、実際の仕事場で覚えなければならないことが次から次へと出てきます。責任は出てくるし、休んでいる暇はありません。プロってだいたいそんなものです。

 たいへんなように聞こえるかもしれませんけど、実体験から得られた仕事をこなせる能力と自信がついてきますから、仕事は楽になってきます。

技術を覚えようとしていた頃とは違うレベルでこの仕事を見ることができます。収入もつくれるようになりますし、この仕事を楽しむ余裕が持てるようになってきます。

 ですから、トリマースクールを卒業しました、資格を取りました、めでたしになるのではありません。

中にはトリミングスクールに何年も通い、次々とライセンスのはしごをする”ライセンス取ることが目的”になってしまう人もいるようです。

 こうなると、まったくあなたの望まない方向に誘導されることもあること知ってほしいです。

 「レッスンを受けて学ぶこと」と「仕事をすること」とはぜんぜん違う二つのことがらです。何年スクールに通っても、資格をいくつもとっても、プロにはなれません。

 習ったトリミング技術を実際に使って一人前に仕事ができて、 初めてプロフェショナルのトリマーの仲間入りができるのです。

トリマーライセンス については別の角度からまた話題にしたいと思います

ホーム   |   目次 | サイトマップ  |  アバウト |  ゲストブック