ホーム > 検索 > トリマーへの道はスクールに入る前に始まっている > なぜペットショップはあなたを雇うのか?

なぜペットショップはあなたを雇うのか?

 

トリマースクールに入る人の中には、トリマーになることには直接関係ない動機で入学される人達もいます。

 ここでは、話を複雑にしないために、トリミングを学んでペットサロンへ就職することをめざす大多数の人の話をしたいです。

 トリマースクールで技術を学んでトリミング・サロンで働ける実力を身につけたらスクールでの学習や選び方は一応成功したといえると思います。

 ペットサロンがどういう所か、バイトをした経験のある方は知っていると思いますけど、だいたいとても忙しいです。

 次々とわんちゃんは来る。それぞれ返す時間が決まっています。ということは、決められた時間以内にトリマーの皆さんがそれぞれの受け持つ自分の犬をきっちり美しく仕上げまでして、仕事を終わらせないといけません。

 もし、そういう忙しいペットサロンがあなたを雇うとしたら、なぜあなたを雇うと思いますか?

 あなたに仕事をしてもらうためですね。でも、どんな仕事をどれだけやってほしいと期待されているのか、考えたことありますか?

 もし、スクールにこれから入るのならば、ペットサロンで働くトリマーの仕事が実際はどんなものかもよく分らなくて、見当がつかないと思います。

 トリマーになるには、ちょっとこういうことを頭に入れておいてほしいです。ペットサロンに就職をめざすならこれを理解していることはとても大切なことです。

 ショップで人を雇うのは、仕事が忙しすぎて人手がもっと欲しいからで、あなたに仕事をやってもらうためです。当たり前すぎる話ですけど、誤解している人がたくさんいるのではないかと思うのです。

 ショップで私を雇ってもらえるはずと思う若い人の理由:

  •  私がスクール卒業して仕事を探しているし、求人広告見つけたから。
  •  スクールにしばらく通い、優秀な成績で卒業できたから雇ってもらって当然
  •  獣医学や販売学や繁殖学も学んで犬に関する知識がたくさんあるから
  •  先生に褒められたから、就職には自信があります。
  •  スクールに4年も通ってライセンスabcを取得したし、××管理士の資格も持っているから他の人よりも私を優先的に雇ってもらってもおかしくないです。
  •  犬が大好きで、犬にやさしいから
  • トリミングでは有名校と言われる△△スクールを出たから、そうでない人よりも私の方がだんぜん有利なはずです。
  •  長いことスクールに通い、ペットよりも上の技術ショートリミングも学んだからこのトリミングを深く極めたことになるし雇われないはずありません。
  • スクールでは理論的なことはやったけど、実際のショップの仕事はまだよく分りません。やる気はとてもあります。ショップでこれから教えてください

 ペットショップといってもいろいろな考え方している所がありますから、こうだとは言えませんけど、自分に対する評価がこれぐらい、またはこのようなことを考えている人達なら、私なら採用を決めるまでしばらく時間がかかるかもしれません。私と同意見のショップオーナーは多いはずです。

 先にも言ったように、トリミング・サロンというところは忙しいのです。サロンオーナーや店長をしている人でも、他のトリマーの方が働いているのを監督しながら、イスに坐って眺めているなどというショップはありません。

 オーナー自身も接客やわんちゃんを仕上げしながら忙しくやっているところがほとんどです。他のトリマーの方を監督する暇もないぐらいオーナーでも忙しいのです。その上に、仕事も一人でできない人に、業務の最中に手ほどきして教える時間をとる余裕はないのが普通です。

 「ショップで見習いに教える時間がとれるぐらいなら、人など雇いませんよ。自分で仕事をやってしまう方が楽ですよ」

 というトリマーの方がほとんどだと思うのです。忙しくて教える時間がとれないのです。人手は欲しいけど、雇うなら仕事を任せて一人でもやってくれる人そうできる人を雇いたいのです

 これがトリマー求人広告で「一人で最後まで仕上げられる方求む」という広告を出すペットサロンや獣医院が日本で多い事情です。

 それから、日本のショップオーナーの方がよく言われていることで心配するのは、新しく雇った方に犬を傷つける事故が非常に多いことです。一人で犬を扱い仕事することに慣れていない人が多い。

 犬を安全に一人で扱えるかどうかはきれいな仕事をできるかどうか、それよりも雇う以前の問題です。

 厳しい言い方ですが、犬を一人で安全に扱えない人。犬を扱い慣れていない人は、いくらあなたが優しくて、真面目で、やる気があっても、ショップで求められる人にはなれません。

 これは犬を使って一人で仕事をたくさんやればほとんどの方はできるようになることですけど、スクールでその訓練が十分に与えられなかった人は、ショップでもそのチャンスがないことの方が多いかもしれません。

 注意深くない人や自分で考えてひとりで仕事できない人に、見習いを長いことやってもらったから、そろそろハサミを持たせて仕上げの練習をさせなきゃ、などというと気持ちも起きにくいのが普通です。どうしてもリスクを先に考えてしまいます

 まだ言いたいことはたくさんあるのですけど、能力についてショップが新人に求める最も重要な二点だけ上げておきます

ホーム   |   目次 | サイトマップ  |  アバウト |  ゲストブック