ホーム > 検索 > トリマーへの道はスクールに入る前に始まっている

 スクール選びについて:トリマーになるには


トリマーへの道はスクールに入る前にすでに始まっている
トリマーになるには、まずこのキャリアを志し、そのための勉強が必要ですね。
トリマーになることを思い立ったら、まずはスクールで学ぼうとする方が多いと思います。技術を得るためのトリマーの学校の選び方ということは、このキャリアを長く続けてゆくことに、かなり影響することです。トリマーになるには続きを読む
 
なぜペットショップはあなたを雇うのか?
 トリマースクールに入る人の中には、トリマーになることには直接関係ない動機で入学される人達もいます。
 ここでは、話を複雑にしないために、トリミングを学んでペットサロンへ就職することをめざす大多数の人の話をしたいです。
トリミングスクールで技術を学んでトリミング・サロンで働ける実力を身につけたらスクールでの学習や選び方は一応成功したといえると思います。

ペットサロンがどういう所か、バイトをした経験のある方は知っていると思いますけど、だいたいとても忙しいです。続きを読む
 
ショップが雇いたい人になるには
 先の文で、ショップでは教える時間的な余裕がないので、勤める前にこの仕事の基礎(私の意味する)ができていること。
1)一般的なペット犬種ならほとんどでき、時間がかかっても一人で最後まで仕上げができる、きれいな仕事ができる。
 2)よほど手に負えない犬は例外として、一人でも犬を安全に扱える、注意深く仕事ができる。
の二点をあげました。 
  
  スクールを出るまではこうなってほしいです。そうでないと働き始めても、見習い期間が長くなるか、他の仕事に回されることもあるかもしれません。
 
ですから就職することを将来の目標とするならば、まずは上記の二つの条件をできる状態まで訓練してくれる学校を選ぶことが大切です。続きを読む
 

採用面接でペットショップはあなたのここを重視する
後ろから前へと考えてみました。
最終目標のトリミングサロンで雇われることを決めて、そこまでゆけるにはどういう能力が必要とされるかを考えました。それからそういう能力をつけてくれるトリミングスクールではどんなレッスンが必要かを説明し、それを与えてくれる学校を候補として選んだらどうですか、という話をしました。
でも、ほとんどの方は将来のこと、つまりスクールを終えた後の就職することまで考えが及ばない方が多いのではないでしょうか。
とにかく、犬が好きだしトリマースクールに入ってしまったら、あとはおのずと技術が身につき、トリマーになる道は自然と目の前に開けるのでは、と思っている方が多いはずです。 続きを読む
 

卒業とトリマー資格・ライセンスが目的となること

トリマーライセンス・資格をとることやスクール卒業することを目標にしてみたい気持ち分ります。特に親の手前結果を報告する義務がある場合など、すぐ手が届く目標で、手で触れるはっきりした証が欲しいし、そうしたい気持ちあるのももっともです。
 
 でも、今まで幾度も話したように、これらのことは仕事ができることはもちろん、就職にもこのキャリアをうまくやってゆくことにも関係したことではありません。 続きを読む
 
知識をたくさん身につけたら、そして長い間レッスン受けたらプロに近づけると思っていませんか
 中、高校でもいろいろな科目があり、たくさんのことを学ばなければならないようになっています。
若い方は学習というとその延長でトリマースクールでも同じくたくさんの科目を学ぶのが普通と思うのではありませんか。
 でなければ、数の上でたくさん勉強できる科目があるスクールが親切でレッスンが充実しているスクールはないか、と思うのも無理もないことと思います。 続きを読く
 

周りの者が 常にあなたのためを思ってやってくれるなんて期待してませんか
 二十歳くらいで自分で自分の進路を決めなければならないということは、心の成長過程で大きな変化であり、転換期なんですね。
 高卒ぐらいまでは、親や先生など周りの者があなたの代わりに考えてくれて、物事をほとんど決めてくれたはずです。他の人があなたの面倒をみてくれて、いい方向に導いてもらえて、なんとか今まで無事にやってこれたはずです。 続きを読む
 


 最後に トリミングスクールの選び方

まずは働く前に仕事が一通りできることめざしてください。それにはそのための適切な訓練が必要になります。

仕事ができるようになったらトリマーとしてやってゆける道はいくらでも出てきます。また、自分にできることや目の前の選択肢の幅が広がります。
 
 トリマースクールにこれから入る人はトリマーの仕事が実際にどんなものかよく分っていない人が多いのではないでしょうか。
このキャリアでやってゆこうと最初から固い決意をしてスクールに入る方は少ないです。
 何か分らないけど、この仕事に興味があるし、まずはこの世界を少し体験してみようという気持ちから始める方がほとんどです。続きを読む