ホーム > 検索 > トリマーの求人・就職について

トリマー 就職:トリマー 求人、 トリマー 面接 について

 

48304.jpg

image courtesy of duluoz cats

トリマー求人で採用される 確率を高めるには

スクールを卒業したら、大部分の方は就職活動されると思います。求人広告を見て気にいったショップがあれば電話して、人手はいらないか尋ねてみるだけですから、仕事の応募は特に難しいことはありません。

でも、求人があるといっても トリマー 面接 で採用してもらえるかどうかは相手が決めることですから、思い通りにゆかなかった方も多いのではないかと思います。トリマー求人情報は溢れていても、「どうしたら雇ってもらえるのか」は多くの方にとって意外と分かりにくい、想像がつかないブラックボックスの情報なのかもしれません。

続きを読む >>

 

私の トリマー 就職 体験 

トリマー 求人 にはあまり役立つとは思えませんが、自分のことを書きます。過去に就職することに関して素晴らしいアドバイスしてくれた人は、私の場合は、実は英会話の先生でした。

 気持ちが落ち込んで、働く意欲が湧いてこない時はだれしもたまにあると思います。私も当地に来たころ、考えなければならないことがありすぎて、少し鬱気味になったことがあります。

 毎日家に閉じこもっているのもつらいので、英語でも習ってみようと思い、移住者のための英会話スクールに通ったことがあります。

それで、レッスンのある日に英語の先生に、私が日本で何をしていたのか尋ねられたのです。

続きを読む >>

 

面接で採用されなかった時 

一度面接を受けてすぐ雇われる人よりも、何度も面接を受けてようやく働くペットショップを見つける人の方が多いのではないでしょうか。つまり面接を受けて雇ってもらうことよりも不採用になることの方が実際は多いような気がします。

 特に、社会人になって初めて勤めるのがペットショップで、面接を受けて不採用になったら、がっくりくるのではないかと思います。(かなり頑張ったのに)

不採用になったら、まるでお前は駄目と烙印おされたような気持ちになり、ショックで寝込みたくなる方もいるのではないでしょうか。

ちょっとこういう方に話ししたいです。それでも就職を諦めないでほしいです。

 募集で採用されなかった時・続き >>

 

● 同じ風景でも窓が違うと異なる風景に見える

トリマー 求人 情報や就職にはまったく関係ないエピソードを紹介したいです。

 二ページの「私の就職体験」を読んで、カナダにはやさしい素敵な先生がいるんですねぇー、日本の駅前留学と違ってカナダの英会話スクールの先生はさすが違うと思われた方が多いのではないでしょうか。

 たしかに私にとってはこの先生のアドバイスがなければ、就職するのが恐くて、トリミングの仕事に入ってゆける機会がなかったかもしれません。ですからそういうきっかけを作ってくれた方ですから、とても感謝している先生です。

それで、同じクラスでレッスンを受けていた他の日本人の人達には、この先生がどう見えていたかというと、「こんな意地悪ばあさんのレッスンなんか受けたくない、いつか辞めてやる」というのが大方の意見でした

続きを読む >>

 

●トリマーの就職: この危機をあなたはどう乗りこえる( part-1 )

トリマーとして就職しても、なかなか思い通りの仕事ができなくて、この仕事から離れてしまう方が多いのではないでしょうか。トリマーJPさんのアンケートを見てもこのキャリアを十年、二十年長続きさせられる人は日本では多数派ではないようです。

応募して勤めてから、この仕事は予想してたのとあまりにも違うとか、思い通りに仕事がやらせてもらえない、従って給料も思うほど上がらない。キャリアが進展する希望が持てないので勤めていて楽しい気持ちが薄れてゆく。この仕事を続けるのが難しくなる。こういう問題を抱える方も多いのではないでしょうか。

続きを読む >>

 

トリマーの就職: この危機をあなたはどう乗りこえる( part-2 )

トリマーとして勤めても、キャリアの進展がない、色々問題があって続けるのが難しくなる。こういう危機をどう回避できるかをここでは考えています。

 前のページで述べたように、キャリアでの問題の解決の糸口が見えにくいと、嘆くのみで何もしない。または気休めを求めてか、現実から一時でも逃避したくなるのか、不必要なものに見境もなくお金や時間を使いたがる人が多くいる話をしました

でも、そのようなことをしても解決には結びつかないし、同じ状態が続くだけか、機会を失ってますます困った状態になるだけです

続きを読む >>

 

 

ホーム   |   目次 | サイトマップ  |  アバウト |  ゲストブック