ホーム > 検索 > トリマーの収入・給料について > ペットショップでのあなたの価値

ペットショップでのあなたの価値

 

これは私の考えですけど、 
ほとんどのペットショップは基本的にはビジネスの原理で動いています。他にも考慮されることも幾つかあるかもしれませんが、あなたの給料もだいたいそれにしたがって決まります。

いろいろなショップがありますから、さまざまな考え方があって当然ですけど、大多数のペットショップはあなたにたくさんいい仕事してもらって、いい売り上げをつくってくれたら、悪くない給料を払ってあげたいと思っていることろが多いと思います。

あなたがたくさん仕事をしてショップがそこそこのプロフィットがあれば、ショップはあなたにそれなりの給料を払うことは十分にできることですし、そうすることは雇う側にも働く側にもフェアと考えていいということです。

もしそうしない雇い主がいたら、あなたは自分のした仕事の実績を指摘し、どれだけ今まで貢献してきたかを分かってもらい、フェアな賃上げを要求してみてもいいことです。

さもなければ、腕を持ってしっかり仕事してくれるトリマーはどこでも求められていますから。他の職場を探してみるのも一つの手です。給料があまりにも少なすぎるならこうすることは何も悪いことではありません。

これは日本で働こうと北アメリカで働こうとも、昔も今も、たぶんこれからも変りありません。

もし、あなたがこういう考え方を持ちたくないとしたら、何を言ったらいいのか分りません。

例えば、仕事の腕が上がって限りなくうまくなったら、給料もそれに応じて多く得られると思っていませんか。

長い間スクールに通い、より高級なライセンスを身につけると、”より多額の給料が貰える資格”が得られるとか、優遇される権利ができる、他人に差をつけられると思いこむのはその一つです。

しかし、学ぶことにどれだけ時間とお金を投資しようと、権威ある団体が与える上等のライセンスを持っていようと、この道何十年の経験があろうと、世界一のハサミの技術を持っていたとしても、
一日三匹しか仕上げできないのでは、一年ショップで修業し、まぁまぁの仕事で三匹できるようになった新人と給料では違いありません。

勤めて収入を悪くないものにしようと思ったら、ショップであなたがどう評価されるかは知っておいた方がいいことです。

売り上げやあなたの示せる仕事の実績で、あなたのショップでの価値が決まるというのはとても厳しいことです。しかし、一方で目指す方向がはっきりしますし、あなたにできることありますし、何をしたらいいのか皆目見当がつかなくて悩む必要がなくなるように思います。

この考え方は自営では当たり前のことです。
この技術を学ぶころからこれは知っておいて悪くないことです。

 

ホーム   |   目次 | サイトマップ  |  アバウト |  ゲストブック