ホーム > 検索 > トリマーの収入・給料について > トリマーとしていい収入を得る ------ あなたは信じられますか

トリマーとしていい収入を得る-----あなたは信じられますか

 

トリマーアンケートでトリマーの収入についての結果をみて、うれしい気持ちになれなかった人もいるのではないでしょうか。

トリマーの収入について紹介されているものを見るかぎりでは、トリマーの仕事ではあまりいい収入を得ようと期待を持たない方がいいようである。
トリマーの仕事を続けるならお金の面はあまり重要に考えないようにし、まずは、ペットの仕事に携わる喜びを知り、この仕事のやりがいをかみしめましょう。

こういう論調が多いですね。

こう述べる気持ちを理解できる気もします。
勤めてまだ日が浅いトリマーの方を励ましてあげようと思って言ってくれていると思うのですけど、
でも、これで希望を持つようにと言われも・・・・・

この仕事をやるなら、自分の生き方に責任を持てる社会人に、自分のことは自分で面倒みられるようになりたいと皆さん考えているはずです。ゆくゆくはそうなりたいし、こういう願いを少しでもサポートしてくれる見方はないものかと思った方もいるのではないでしょうか。

そのためには、収入は大切になってくるし、もちろんこの仕事を続けて幸福になるのにも関心を持たずにいられないことです。この目的を持っていなくては、いくら犬が大好きでも、真面目でやる気があっても、いい腕を持っていても、この仕事を続けることがいつか容易ではなくなる時が来るように思います。

現在給料で悩んでいる方に何か言ってあげることは難しいです。どんな仕事でも、こういう悩みにすぐに解決できる便利な方法は簡単には見つけにくいです。

ですからこれからトリマーを目指す方、まだこの業界に入っていない人や入りたての人に向けてちょっと話したいです。あなた達はこの仕事でそこそこの収入を得るためにできることたくさんあります。

皆さんはもっと上のレベルを目指しなさいとか、勉強を怠らず技術向上に励みなさいとはいっても、トリマーとして生活できるようになるにはとか、給料を悪くないものにするには、というテーマでお話してくれる人は今まで一人もおりませんでしたし(たぶん)、これからもいないと思います。これは日本ではタブーなことで、業界のほとんどの人ができたら触れたくない、日本のトリミングの指導者でさえ話題にするのをためらう、曖昧にしておきたいテーマです。

この仕事でうまくやれている人は、私はこうして高収入を得ている、などと話したがる人はいません。

前に、日本でトリマーをしている方で月に一度、日本各地の温泉につかっては骨を休めたり、時には海外旅行に出かけたり、それを楽しみに仕事している人がいることをどこかで紹介しました。トリマーでもこんなうらやましい生活をする人もいます。(とても真面目に仕事を考えている方です)

その他にも私の知人で、トリミングのサービスだけで10万の100倍ぐらい売り上げる方が日本で幾人かいます。

それから、私が日本にいた頃ですから、30年以上も前の古い話で申し訳ないですけど、獣医院でトリマーとして雇われていて、当時で月30万給料でもらっている人がいました。すごい仕事量をこなせる方でした。今だったらその二倍近くにはなる給料です。

ですから、こういう人は今日本でもけっこういるはずです。ただ目立たないだけです。ねたみとかそういう感情を持つ心配のないごく親しい友人にしかこういう話はできませんから、世間に知られることも、公に紹介されることもまずありません。

こういうトリマーの人達は、他の人がいくら給料をもらっているかなどということには、ほとんど興味を持たない人達です。それよりは、どうしたもっと多くの方に今のサービスを提供できるか、仕事を増やせるかに関心もっている方が多いと思います。

私が言いたいのはいろいろな人がいますから、アンケートに答えた一部の人達だけの反応から、トリマーの全てが同じだろうと思い、トリマーの収入についての期待や希望を持つ必要はないと言うことです。
この仕事をばかにすることも、がっかりする必要もありません。

どんな仕事でも、どんな分野でも非常に成功している人もいれば、そこそこにやれている人、また底辺で苦労されている人達は少なからずいるものです。トリマーの仕事にかぎりません。
それでも、ごく普通にやっている方はたくさんいます。

この仕事についただけで、皆が等しくこの仕事でうまくやれるわけではありません。でも、この仕事にどれだけ将来の見込みや可能性があると「自分で信じられるか」ということは、あなたの収入に少し関係してくることだと思うのです。

信じるだけでなくて収入を増やす方向に地道に準備したり、それに従った考え方をし、行動に移してゆこうという気持ちを持てたらということですけど。

現実はどうなのか本当のところはだれにも分りません。
だけど、アンケート結果を現実と信じて、こんなものだ仕方がない、と思ってやってゆくのも一つのゆき方です。自ら進んで思い込んだことですから、それでなにも悪いことはありません。

それとも、単純に小学校5年生で習った算数を信じて、収入を増やす方法はもしかしたらあるかもしれないよ、そうやれている人もいるのだから、と思ってやってみるのも一つのゆき方です。

あなたは何に希望を託してこの仕事をやっていきたいですか。

自分に問いかけるしかないことです。
収入をどうしたいかは基本的なところはあなた自身が決めることと言える面が、見方によってはあるように思います。

それをどうにかしたいと思う人達は、何かいいことがどこからかやって来るのをじっと待っている人達ではありません。 隠れた情報を集めよう、より優れた情報に近づこうと努力するし、自分にできる範囲で行動をおこすことを考えるし、研究熱心でこういう人達はトリミングの腕もすぐに上達します。ですからそうできるチャンスも巡ってくるような気がします。
「収入なんかどうでもいい」と思ったら、または無関心なら、しいて何かをする必要を感じなくなってしまうし、自分を変えようとも思わない、腕を上げようという気持ちも続きにくいように思うのですけど、これは人によることかもしれません。

小学校5年生の算数という意味が分りますか。
あなたが一日5匹トリミングできるとします。六日働いて週30匹、一ヶ月でその4.5倍で135匹、一年でその12倍で1620匹。一頭当たり他より安めにして平均5000円チャージできるとしてみてください。800万以上にはなるはずです。一日五頭以上なら、または料金平均5000円以上なら、その上に、犬の預かりなどの他のサービスも加えたら、売り上げはすぐに一千万以上です。

単純計算で、ほとんど一人でやっても年収一千万も、”理屈の上では”できないことではありません。

単純すぎて突拍子もない話とあなたは思うかもしれませんが、可能性としてはできないことではないということが分ると思います。

これはけっして雲をつかむような話ではありません。そして実際にそれをやっている方がこの世界には少なからずいるという事実です。

毎日5匹は無理と思えても、その半分なら・・・、それだけでも悪くない収入になりそう。それぐらいなら、もしかしたら私にもできるかも、と思える人も中にはいるはずです。

気の滅入らなくてもいい収入を作ることは、人並みはずれた能力をもつトリマーでなくても、平均的なトリマーでも充分できることはたいていの方は想像できると思います。

勤めていてもだいたい同じことが言えます。
ショップはあなたがたくさん仕事をしてくれて、たくさん売り上げをつくってくれたら、それ相応の給料を払ってあげようと思っているところが多いと思います。

あなたの業績、つまりあなたの売り上げる量に応じて基本的な給料が決まるのは、どこでも、どんな業種でもだいたい同じです。

いい仕事ができるように腕を磨くだけでなく、一通りどんな仕事でもこなせる腕を持つことはもちろんですけど、一日にできる仕事量をある程度増やすことを目標にしたら、給料で悩まなくてよくなれるのではないですか。

あまり多くのことを語るとよけいなお世話になりますから、これ以上書きません。

ただ、トリマーをやっていて収入について真剣に考えないといけない時になってから、さて収入をどうしようでは少し遅いです。

技術や仕事能力と収入とは深く関わってくることですし、トリマーを志した時から、また技術を学んでいる時期からこの面についても関心を持ち、トリマーとして目指す方向を意識した方が、そうでないよりもずっといい結果に結びつくはずです。

生活していく手段という側面を忘れては、ショップオーナーにもお客様にもあまり喜ばれない「単にいい仕事するためのいい仕事」を目指すようになってしまいます。
これは初心者が方向の思い違いをしやすい、つまずいてしまう点なので、若い方とこういう話はよくします。

トリマーで高収入をめざさなくても、収入を増やそうと思うなら、最初にあなたにできることは、この仕事で立派に生活しているトリマーはたくさんいるのですから、きっとできると思って、まずは自分の能力を信じてあげること。

それとトリマーの収入について世間で言われていることを少し疑ってみることではないでしょうか。

 

ホーム   |   目次 | サイトマップ  |  アバウト |  ゲストブック